葬儀社と打ち合わせをするときに注意したいこと

お葬式はめったにあることではありません。

また家族の方が亡くなって心身ともに弱っているときに、葬儀社と打合せをするのは容易でないかもしれません。

そんな中、話し合いを成功させるために、ここでは打合せの際に必要ないくつかの心構えをご紹介したいと思います。

打合せは複数人数で

精神的な余裕のないときに、一人で葬儀社と打合せをすると、正常な判断が出来ないことがあります。

すべてお任せにすると、とんでもない金額を請求されることもあるでしょう。

ですから、親族数人で話を聞いたり、自分の意向を汲んでいる世話役を立てたりすると良いでしょう。

葬儀の値段について

葬儀の相場や一般的な方法が気になるものですが、現実問題、葬儀にいくらまで出せるのか、予算をまず打ち出しておきましょう。

その範囲内で、盛大に行いたいという方もおられれば、必要最小限でよいと考えておられる方もいます。

それとは別に、いくらお金をかけてもよいと思われる方もおられます。

そうだとしても、葬儀の方法やそれに要する費用、料理の内容と費用、返礼品について、お花代について、妥当な値段を請求しているかをチェックする必要があります。

よくわからない項目があれば、きちんと確認しましょう。

主導権は遺族にある

話し合いをしていくうえで覚えておきたいのは、主導権は遺族側にあるので、こちらの要望をきちんと汲み取って、希望通りにしてもらえるかどうかです。

千葉でもたくさんの葬儀社がありますので、親身になって考えてくれて、こちらの希望を尊重してくれる、そんな千葉の葬儀社を見つけ、選択してください。