千葉での葬儀です。香典返しはいつが適当ですか?

香典のお返しは宗教・宗派によって異なります。

千葉に特別な慣例はありませんので、事前に葬儀社に確認しておきましょう。

■1ヶ月が1つの目安になる香典のお返し。

バタバタしているうちに終わってしまった葬儀、まだご遺族の疲れも取れていない段階ではありますが、香典のお返しはどうあっても済まさなければなりません。

基本は千葉の葬儀社に依頼するか相談すれば間違いありませんが、一般的な常識では、忌明けとされる時期、法要後1カ月以内が目安とされています。

ただし忌明けの定義は宗教・宗派によって違ってきますので、葬儀社に確認しておきましょう。

■宗教・宗派によって異なる香典のお返し。

香典のお返しは仏式と神式によっても違ってきます。

仏式では故人が亡くなられた命日から数えて49日目がその日に当たります。

仏式では七七日忌(なななのかき)と言って、この日に法要が行なわれ忌明けとなります。

千葉でもこのしきたりは変わりませんので参考にしてください。

神式では故人が亡くなられてから50日目に五十日祭が行なわれ、これをもって忌明けとなります。

■香典のお返しは宗教・宗派によって異なります。間違えのないよう、千葉の葬儀社に確認しておきましょう。

たとえばキリスト教には香典のお返しのような慣習はありませんが、カトリックの場合、亡くなられてから1ヶ月後に追悼ミサが行なわれます。

プロテスタントにも昇天記念日があり、その日が忌明けとなっています。

あらかじめ確認しておきましょう。

●葬儀に関する疑問はこちらのサイトも参考にどうぞ→http://www.flamme-eternelle.com/