千葉の葬儀業者について

葬祭を行う業者は大きく分けると3種類になります。

専門の葬祭業者

専門の葬祭業者とは、葬儀を専門に行っている葬儀社のことです。

千葉にもたくさんの専門葬儀社があります。

葬儀社の主な仕事は葬儀を行うことです。

しかしお葬式をする場合は、葬儀を執り行うだけではありません。

亡くなった方を移動させるために霊柩車の用意をしたり、お葬式のための食事を用意するために仕出し業者が必要だったり、お香典のお返しを準備するためにギフト会社が必要だったりします。

これを一つの葬儀社でやっていることもあれば、それぞれの業者に葬儀社が依頼をすることもあります。

また葬儀社の規模も、千葉県だけでなく関東地方全体に事業所を持つところもあれば、地元密着型で家族経営をしているとこともあります。

さらにはホールを持っている葬儀社もあれば、持っていない場合もあります。

冠婚葬祭互助会

互助会とは民間の営利団体で、その団体の会員となり毎月、掛け金を積み立てて、そこで葬儀を行ってもらいます。

積立金で費用がすべて賄えるのか、また倒産したときはどうするか、などを前もって調べる必要があります。

組合員を対象にした団体

これには農協や生協などがあり、自社で葬儀を手掛けている場合もあれば、専門の葬儀社と提携している場合もあります。

まとめ見出し その他新規参入している業者

以上の業者以外にも、自治体やホテル、また仏壇店、生花店、墓石店なども葬儀社として参入しています。

というのは葬祭業は、許認可が必要ないので、葬儀社を営みたいと思えば誰でも会社を起こせるからです。

【関連サイト】千葉で解決!葬儀の悩み